2011年01月05日

加工食品の糖分

ダイエットの為には、細胞の炎症をくい止めることが重要ですから、
日頃から出来るだけ糖分を摂らないように心掛けることは大切です。
しかし、いくらコーヒーや料理に砂糖をいれないように
心掛けていても、加工食品で糖分を摂ってしまっていたら、
その努力は無駄になってしまいます。

何故なら、加工食品に含まれる甘味料には、
大量の糖分が含まれているからです。
その甘味料を簡単に見分ける食品成分表示の読み方ですが、
加工食品の成分表示を見たとき、大麦糖、テンサイ、赤砂糖、
デメララ、コーンシロップ、デーツ(ナツメヤシ)シロップ、
デキストロース、麦芽、果糖(フラクトース)、果汁、
濃縮還元果汁ジュース、ブドウ糖(グルコース)、ハチミツ、
転化糖、乳糖(ラクトース)、麦芽糖(マルトース)、メイプルシロップ、
メープルシュガー、粗糖、蔗糖(サッカロース)と書かれていたら、
それらは全て糖分を表していますから摂り過ぎには要注意です。

特に、甘過ぎる加工食品の場合、糖分が大量に含まれていますから
控えるようにしましょう。
加工食品に必ず入っていると言っても過言ではない甘味料を
摂り過ぎないようにできるかどうかは、あたな次第です。


posted by エステマニア at 05:00| 健康的に美しく若返る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。