2011年01月07日

清涼飲料水は液体の砂糖

清涼飲料水について考えてみましょう。
清涼飲料水は、自動販売機やコンビニエンスストアで
手軽に手に入れることができますが、実は清涼飲料水の中には、
大量の砂糖が溶け込んでいる「液体の砂糖」なのです。

その上、ソーダ水などに含まれているリン酸は
中毒症状を引き起こしますから、その症状から抜け出そうと思ったら
大変なことですし、その上炭酸飲料には、砂糖、人工香料、着色料、
保存料がたくさん使われていますから、
肝臓にも悪影響を及ぼしてしまうのです、。

ですから、どうしても炭酸飲料が飲みたいという人は、
ペリエなどの炭酸水にレモンかライムを浮かべて
飲むようにしましょう。

この他にも、ラズベリーやブルーベリーなどのフルーツを入れて飲むと、
飲み易いですし、満足感を得られますからお勧めです。

また、フルーツジュースや果汁入り飲料も、一見健康的に思えますが、
果物の糖分を含んでいるのに、食物繊維を含んでいませんから
大腸の中を綺麗にしたり、便の排出をサポートしたりする成分である
食物繊維を含まないと言うことは、糖分ばかりで
血糖値を急激に上げてしまう飲み物だと言うことになりますから、
お勧めできないのです。

ですから、ジュースを飲みたいのでしたら、
搾りたてのフルーツジュースを飲むようにしましょう。


posted by エステマニア at 05:00| 健康的に美しく若返る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。