2009年12月29日

脾粒腫という脂肪の塊

脾粒腫とは、目や顔に発生する脂肪の微少な塊です。
脾粒腫は、自然にぽろっと取れたりすることがありますが、
大抵の場合、なかなか取れません。たらーっ(汗)

これは、同じ脂肪の塊でもにきびとは違い、
毛穴が目詰まりを起こしている状態です。exclamation×2

脾粒腫が出来やすいのは30代以降ですが、
個人差が大きく、幼少時から脾粒腫がある人もいます。

連続して淡い褐色の脾粒腫が並ぶこともありますが、
大抵は首や脇に2ミリ程度の小さな肌色の塊が出来ます。

また、これは皮膚の一部が変化したもので、
良性の脂肪の塊です。

年齢を重ねても全く縁が無い人もいれば、
年齢を重ねる毎に増加する人もいるのです。あせあせ(飛び散る汗)

更に、脾粒腫という脂肪の塊は、
人に感染する心配はありませんが、
数年間かけて、徐除に成長し、
飛び出した状態になることもあります。

俗称では、スキンタッグと言われています。
皮膚科に行くと、思いの他短時間で、
簡単に取り除いてもらえます。

脂肪の塊を出来にくくする為には、
代謝を良くすることが効果的です。

その、代謝を良くする為には、
脂肪分の塊そのものに対しての処置ではなく、
食生活にも大きく影響されますから、
根気と知識が必要となります。

また、アイスクリームを使って、
目の辺りを優しくマッサージすることが、
目の周囲の脾粒腫ケアになるのです。目


posted by エステマニア at 05:02| Comment(0) | 美容全般【1】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。