2010年01月13日

ヒゲ脱毛の注意点

ヒゲ脱毛で要注意なのが、毛抜きという方法です。
この方法は、自分でヒゲ抜きを使用して、簡単に出来ることから誰でもやって
いることですが、ヒゲは毛抜きで脱毛した場合、良くない状態になるのです。

毛抜きの脱毛に頼っていると、毛穴が曲がってしまい、ヒゲも真っ直ぐ生えて
こなくなります。毛穴が曲がってしまうと、ヒゲはその先端が皮膚の下に入り
込み、埋もれてしまいます。
その事によって、毛穴も広がり、にきびが出来易い状態になり、良い事はあり
ません。

毎日剃っていても、肌を痛めてしまったり、口周りのヒゲの毛穴がニキビが
出来易くなってしまいますので、注意しましょう。
ヒゲが濃い人で、肌にトラブルを抱えている人は多いですから、肌のトラブル
を解消しながら、ヒゲ脱毛を進めない限り、綺麗な肌にはならないのです。

また、ヒゲ脱毛で、永久脱毛にも要注意です。
電車の広告にレーザー脱毛の隣に、「永久脱毛」と書いてあるものを見かけま
すが、実は、レーザー脱毛によるヒゲ脱毛であっても、「永久」では無いの
です。

何故なら、レーザー照射で毛根は破壊されていない状態で、ヒゲは仮死状態に
なっており、数年すると仮死状態だった毛根は、生き返ってしまうのです。

美容業界の約束事で、レーザーで脱毛を行い、数年の間生えることがなければ
永久脱毛と謳っても良いとされていますから、この事は知っておくことが必要
です。


posted by エステマニア at 05:00| 美容全般【1】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。