2010年01月19日

美白化粧品の効果を妨げる原因

お手入れの仕方により、肌は良くも悪くもなります。
美肌化粧品の効果を減少させてしまう原因となる事もある為、
それについて検証してみましょう。

くすみが出来る原因には、
肌に合わない化粧品を使用したり、
肌を擦り過ぎるなどの
間違ったお手入れによる色素沈着が考えられます。

また、ストレスや睡眠不足も肌のターンオーバーを
鈍らせることになり、
メラニンを除去し切れず、それがシミに繋がるのです。

ホルモンのバランスが崩れる時期も、
シミ等が出来易くなりますから、美白には逆効果ですし、
喫煙による酸化作用も、肌荒れやシミの原因になり、
美白効果の妨げになります。

更に、過食も、血液中の老廃物やコレステロール、
脂肪等が増える為、
肌荒れに繋がり美白化粧品の効果の妨げになりますから、
要注意です。

また、肝臓が活発に働いているときは、
過酸化脂質を分解するグルタチオンを
盛んに生産し、シミやくすみを抑えてくれますが、
逆に働きが鈍った場合、
グルタチオンの生産効率が低下する為、注意が必要です。

血液の流れが悪いことも肌荒れに繋がり、
美白効果の妨げになるなど、
美白化粧品の効果が発揮出来なくなる原因は様々なのです。

美白の妨げへの対処方法として、シミの予防があります。
この場合、紫外線から身を守る、
しっかりとしたUVケアが必要になります。
UV化粧品と共に、
美白成分のビタミンC誘導体や保湿成分を配合した美白化粧品を
使用するようにし、
日頃から日焼けしないよう心掛けることが大切です。

ビタミン不足や精神的ストレスも体に大きな影響を与えるので、
十分な睡眠を取り、
ビタミンやミネラルをたっぷり含んだバランスの良い食事を
心掛ける事で、美肌作りに効果が期待出来るのです。

体を温める野菜類を摂るよう心掛け、
軽いマッサージなどで血行を良くする事も、美白には効果的です。

従って、毎日の生活の中で、このような事に気を配り、
美白効果のアップを図る事が大切になるのです。


posted by エステマニア at 05:00| 美容全般【1】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。