2010年02月03日

世界のエステ

わが国日本では、経済や文化が発展している中で、
エステの世界では、実は後進国なのです。

フランスでは、マリーアントワネットの時代には、
もうすでにエステがあったといわれています。

ですから、日本にエステが行われたのは、およそ1980年代と言われているのです。

だからといって、日本はエステに関して後進国になっているからといって、
窮地に落ち込むことはありません。

いろいろな世界のエステが、日本に訪れて、
日本が楽しめるようになっているからです。

現在の日本のエステは、
そのような世界のエステの良いところばかり取り入れているのです。

例えば、アロマテラピーでは、フランスが発祥なのですが、
日本ではそれを古来のお香や匂いなどの文化をブレンドして、
新しいアロマを生み出してきています。

当然のように行われているマッサージでは、エステにおいては、
本来スウェーデンがその基本を確立したもので、
イギリス生まれのエステやリフレクソロジーの定番となってきています。

また、最近ではアジアンエステというのが、注目を浴びています。

それは、タイ古式マッサージ、バリ式エステ、
インドのアーユルヴェーダなど専用のサロンで増加しています。

アジア以外では、イスラエルのタソテラピー、ハワイのロミロミマッサージなど
数えないほどたくさんあります。

ですから、それだけ多くの国々からのエステを受けられますから、
日本の女性は本当に幸せ者なのです。


posted by エステマニア at 05:00| エステ1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。