2010年02月06日

インド式エステ

伝統医学でも、3千年もしくは5千年とも言われる歴史の中で、 インド式エステ、アーユルヴェーダというものが存在しています。 それは、医学なのにエステ?と疑問に思いますね。 しかし、それは太古から美容と医学は深い関係にあったとされているものなのです。 なぜなら、「心身の健康なくしてキレイなし」といわれるほどなのです。 それは、自然と調和して人間本来の姿を取り戻そうとする、 いわゆるアーユルヴェーダの考え方があるからです。 それを応用しているのがエステのアーユルヴェーダということになります。 エステサロンのアーユルヴェーダの方法といえば、 おでこにオイルをたらする方法です。 その方法とは「シロダーラ」で、 脳と神経の緊張を除去する効果があるとされています。 それは、特に不眠症で悩んでいる方などにお勧めしたいエステです。 アーユルヴェーダのオイルマッサージでは「アヴィヤンガ」と呼ばれ方法で、 体の毒素を取り除く果あって、いわばインド式のデトックスとなります。 それは、毒素が排出しますので、痩身効果が期待できそうです。 オイルによって、お肌がツルツルとしてきますし、 1回で2〜3度とおいしいエステということになります。 アヴィヤンガ方法では、セサミオイルが多く使用されていますが、 セサミオイルといっても料理に使うときのごま油とは違うもので、 全身がおいしそうなイイ匂いになったりはしませんので、安心してくださいね。


posted by エステマニア at 05:00| エステ1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。