2010年02月09日

デッドシーエステ

「デッドシーエステ」とは、
イスラエルとヨルダンの国境にある死海の塩や泥を使ったエステ方法です。

死海で、浮き輪もしてないのに人が、
ぷかぷか浮かんでいる写真を見たことがないでしょうか?

それは死海が、海よりも塩分濃度が高い湖であり、
最も知れているところですね。

そこは、クレオパトラの時代から、その死海で取れる塩や泥は、
美容に効果があるとされてきているのです。

死海の塩や泥に含まれる豊富なミネラルで、デトックスをうながして、
そこから美白や痩身につながっていくというのが、
デッドシーエステの考え方です。

美容には、ビタミンが大切なのはご存知でしょうか。

そのビタミンは、ミネラルの助けがないと活躍できないので、
自然の塩や泥に含まれるミネラルが、最も人間の体にすんなり浸透して、
ビタミンの成分が肌をキレイに働くお手伝いをしてくれるのです。

デッドシーエステは、特別なコースはありません。

一般のエステと同様に、
オイルや死海の塩や泥から作られたウォーターで行います。

デッドシーエステは、まず体を温めることから始まって、
その後塩でマッサージをしたり、泥でパックをしたりして、
ただそれだけで、不思議と体中がピカピカになっているのです。

ですから、クレオパトラは、物凄いアイテムをご存知だったのです。

だから世界三大美女に選ばれているのですね。


posted by エステマニア at 05:00| エステ1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。