2010年02月06日

コレステロールサプリメントの種類

サプリメントの中でも、
コレステロールを下げるものは様々で種類も多いですが、
よく知られているもので
DHAを主成分としたサプリメントがあります。
魚介類に含まれる脂肪酸で、
イワシやサバ、サワラ、ブリなどに存在する成分で、
ドコサヘキサエン酸とも言われています。

これは、神経細胞の情報伝達能力を高め、
その結果、記憶力や学習能力が高まるのです。
ですから、DHAサプリメントには、
高脂血症の改善、生活習慣病の予防、
老人性認知症の改善などの効果が期待できるのです。

また、ナットウキナーゼのサプリメントは、
その名前からも分かるように、
納豆菌が作り出す酵素の1つで、生きたまま腸まで届き、
それにより腸内善玉菌を活性化し、整腸作用をしてくれます。
ですから、便秘にも効果的なサプリメントなのです。

その他にも、女性ホルモンのエストロゲンに似ている栄養成分で
イソブラボンがあり、血栓溶解酵素と呼ばれ、脳梗塞など、
血栓に関係する病気の予防をしてくれます。
これは、大豆や豆乳に多く存在する植物性ポリフェノールで、
更年期障害の際に起きる身体的不調を小さくする効果がありますし、
コレステロール値を低下させ、
抗酸化作用、抗がん作用が期待出来ます。

紅麹も、注目されているコレステロールサプリメントの1つです。
これには、コレステロールの合成を抑えてくれる作用があり、
副作用もありませんから安心して摂取できます。
紅麹サプリメントは、
コレステロール値や中性脂肪値を抑制する作用がありますが、
不摂生な生活や身体的な問題がある場合は、
まずそれを治療する必要がある為、
サプリメントの使用前に必ず専門医の診察を受けることを
お勧めします。

サプリメントを大量に飲めば、
それだけでコレステロールが減る訳では無いですし、
また、コレステロールは少な過ぎても体に害を及ぼします。
ですから、適切に使用出来るよう、
使用方法をよく確認することが大切です。


posted by エステマニア at 05:00| 美容全般【1】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。