2010年03月21日

にきびがある時のメイク用化粧品

にきびがある場合、メイク用化粧品の使用方法について、人によって、にきびをどうにかして目立たなくしたい気持ちから、ファンデーションやチークをいつもより多く上乗せで塗っていくことがあります。
その方法は、にきびがあるときには、化粧のしすぎをすると、肌によくありません。

却って、にきびを悪化させてしまう原因になりますから、できるだけ、その部分は控えた方が良いのです。

にきびケアという観点から考えると、にきびができた場合には、化粧品は使用しないで、メイクもしない方が本来は理想的です。

しかし、いくらなんでも、にきびが出来たから、ノーメイクのままでおられるという女性は少ないでしょう。

メイクをしないで、人前に出ることが許される環境ばかりではありませんので、どうしてもメイクは必要になることがあります。

ですから、できればにきびがある時は、メイクを薄めにしていくことを心がけてみましょう。
どちらかというと、パウダー型のメイク用品の方が、にきびの状態を悪化しにくいと思います。

今は、にきび用ファンデーションの化粧品がありますから、それを使っていくようにしてみましょう。

また、にきびがあるとき、メイクをしたなら、外出から戻って、人と出会うことがなくなったら、肌のために、できるだけ早目にメイクを落としてあげて、スキンケアとにきびケアをされて、肌を休ませてあげるようにしましょう。

肌に化粧品がつけたままにしている時間が、長ければ長いほど、にきびとなっている肌には、とても負担になっているのです。


posted by エステマニア at 05:00| 【美容全般3】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。