2010年04月07日

エステの変遷

エステが身近なものになって、もう随分経ちます。

エステと言えば、お金持ちの奥様たちの世界のもの、と言う時代は、
もう大昔の話です。

エステが、年齢を問わず一般的になってきたのは、
エステ料金が安くなってきた事にあるかもしれません。

そして、大手のエステティックサロンから、
個人が自宅で開業しているものまで幅広く、
様々なエステサロンが存在するようにもなりました。

また、限られた人材しか学べなかったと言う
エステシャン養成の時代も昔の事で、
今では様々なかたちでエステを学ぶ事が出来ます。

更に、エステシャンの経験が無くても、
働きながら学べるようにもなっています。

サービス精神に溢れ、癒しを提供する職業として、
確固たる位地を確立してきたとも言えます。

元来、エステと言えば、化粧品会社の顔のお手入れといったような、
フェイスの限られたところからスタートしたものです。

それに、永遠の課題である、ダイエットの為に全身の痩身美容が行われるようになってきました。
勿論、そこには脱毛と言うエステも含まれています。

そうしたエステを、気軽に受けながらの美しさの追及は、
留まる事がありません。

また、現在では美しさに対する価値観は、
時代の流れと共に多様化し、質を高める為の要求も
益々でてきているのではないでしょうか。


posted by エステマニア at 05:00| エステ3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。