2010年04月30日

プチ豊胸のデメリットについて

プチ豊胸というのは、メリットがたくさんあって、しかも危険の少ないとされる豊胸手術です。
ですから施術を希望される女性がたくさんおられます。ですが、プチ豊胸でもデメリットがあります。

例えば、シリコンによって合成物を挿入させる手術より、身体に負担が少ないとされていて、また拒絶反応も起こりにくいとされるプチ豊胸なのですが、ヒアルロン酸を注入してのバストアップに永続性がないのです。

つまり、ヒアルロン酸は吸収して、最後に消滅します。ですから、一時期は、不自然に大きいままの状態ですが、最終的に元通りになることをあらかじめ認識しておいてください。
体には悪い影響がありません。ただ、ヒアルロン酸だから、保湿効果がありますので美肌に役立つでしょう。
ヒアルロン酸のサプリメントを使用されている方が多いことから理解ができるように、ヒアルロン酸には体の中で必要な成分なのです。
食事から摂るのが難しいのです。
産まれたばかりの赤ちゃんは豊富にあったヒアルロン酸が、年を重ねる度に老化とストレスにより段々と少なくなります。
体の中でヒアルロン酸が取り入れることができるのなら嬉しいことですね。ヒアルロン酸は時々アレルギー反応を起きることもありますので、用心が必要でしょう。

ですから、カウンセリングを通し事前に説明とアレルギー検査を受けられて、万全の体制をもって、プチ豊胸に臨みましよう。
アレルギーを起こしやすい方とか、薬を飲まれている方は、カウンセリングの段階において、その旨を告知して、気になる点は確実に消しておきましょう。


ラベル:美容 プチ豊胸
posted by エステマニア at 05:00| 【美容全般4】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。