2010年05月03日

ワキの永久脱毛は病院やエステで

街角で配布しているフリーペーパーを見ていると、脱毛の広告をよく見かけます。
いくつかのものを比べると、レーザーとか、光とか、フラッシュとか、プラズマとか、IPL等などがあって、一体どれにすれば良いのか悩むところです。

どんな脱毛方法を利用することで検討する際には、脱毛の方法として3つを集約しますので覚えておいてください。

その方法とはレーザー脱毛と、フラッシュ脱毛と、電気脱毛の3種類があります。
それ以外の名称が多くあるのですが、フラッシュ脱毛のバリエーションについた名前が多いそうですね。
電気脱毛とレーザー脱毛は、永久脱毛としてすることができるようです。

永久脱毛とは、脱毛の手段のことではなくて、毛を抜いた場所に再度、新しい毛が育成させないように、毛母細胞を壊すことです。

フラッシュ脱毛ならレーザー脱毛より、ずっと出力が弱いので、完全に近いほど永久脱毛として、毛の再生する細胞を壊すことができないのです。
レーザー脱毛のような機器ほど出力がありません。

整形外科と美容外科において、レーザー脱毛を行なうことが可能ですが、エステサロンとして、レーザーのようなパワーがある機械は取り扱えないので、フラッシュ脱毛にされるか、もしくは電気脱毛にするかの選択になります。

電気脱毛なら、病院でエステとして採用しています。効果としては高く時間を要するし、痛みとして3つの方法のうちの一番強いために、採用される病院とかエステは少ないのです。
脇の永久脱毛を費用の面で比べてみると、電気脱毛なら最も高価(10万円〜)になります。
レーザー脱毛なら1年間として5回程の施術で脇の永久脱毛として完治しますが、フラッシュ脱毛なら同じ回数で、同程度の費用でも倍以上の期間と施術を行わなければ、レーザー脱毛近い効果が得られないのです。

また、病院なら1回ごとに窓口で支払いが一般的なのです。
エステなら年単位の契約にして、そのほかに、脇のケア用品を併せ購入ができたり、他の部位のケアとしてオプションで設定したりしてすることができますから、その分の費用は加算します。
もし万が一に、脱毛により施術後に何か不調が起きた場合、そのエステサロンの提携している医院とか、施術を受けた病院で診てもらわなければなりません。その場合かかる費用について考えたとき、しっかりとしたアフターフォローの価格体制とか、施術後の対応を確認することが必要です。エステサロンでは脱毛なら美容目的で、よりきれいにしていくためのもので、一方、病院では脱毛なら治療行為の目的であるため、外見的な要因があまりなく、考慮されていません。もし結婚を準備をされている女性の中で美容に関心がある方や、女性が清潔感を求められる男性に対し、エステにおいて脱毛をしてほしいと選択されるようです。


posted by エステマニア at 05:00| 【美容全般4】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。