2010年07月07日

ブライダルエステの基本

ブライダルエステ用のエステコースでは、
ウェディングドレスを着たときに露出する部分を中心に
ケアすることで、結婚式当日、花嫁の心も体も輝かせます。
ウェディングドレスを着ると、露出部分が多くなりますから、
顔の産毛や襟足、胸元、背中、腕などを、
しっかりと処理する必要があります。
そこで、フェイシャルトリートメントで、肌にツヤを与え、
顔全体を輝かせるためのエステを行うのです。

ほとんどのウェディングドレスは、腕が露出するため、
その部分がかなり目立ちます。
ですから、エステを行い、産毛の処理をしたり、
毛穴の汚れをしっかりケアすることが必要です。
また、ウエストのキュッと絞まったウェディングドレスを着たい人は、
ウエストの痩身エステを受けることをお勧めします。

丈の短いウェディングドレスを着る予定の花嫁は、
もちろんフット・レッグトリートメントを受け、
足をきちんとケアする必要があります。
さらに、体の線が出やすいマーメイドラインなどのドレスの場合は、
特に、キュッと上がったヒップを目指して下さい。

華やかなウェディング会場では、指先まで輝きを持たせたいものです。
このことから、最近ではサロンによって、ブライダルエステコースに、ネイルのお手入れをしてくれる内容が含まれているものもあります。

また、オプションとして、ネイルケアやネイルアートを
選択できるところも増えてきています。
また、ウェディングドレスを着ると、普段より背中を露出する為、
背中もエステでしっかりケアすることが必要です。
更に、胸元の露出が気になる人は、デコルテのケアもお勧めします。


posted by エステマニア at 05:00| ブライダルエステ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。