2010年08月17日

ネイルケアの道具【本格編】

本格的に爪をお手入れする場合、ネイルケアの道具もそれなりの種類が
必要になってきます。
道具を揃えるのにある程度の予算も要ります。
ネイルサロンに行ってやって貰うのも、この手間を省く為ですが、
経済状況が厳しい昨今です、よく考えましょう。

爪の手入れと言うだけなら、
エメリーボードとウッドスティック(もしくはそれに準じられるもの)それに
キューティクルリムーバーとキューティクルオイルがあれば、ほぼOKです。
これにコットンやガーゼ、ハンドクリーム(市販のもので充分です)を使って
ネイルケアをします。

更に、それ以上の本格的なケアに必要となる道具を紹介します。
ステンレスプレッシャー、キューティクルニッパー、バッファーです。

まず、ステンレスプレッシャーですが、これは甘皮処理に使います。
ウッドスティック(コットン付きにしたもの)で処理しきれなかった甘皮を
コットンスティックよりも確実に押し上げてくれる便利なものです。

次にキューティクルニッパーですが、これは古い甘皮やささくれ、
角質などを取り除くのに使います。ささくれが出来てしまった時、
無理にむしったりするのはよくありません。

何故なら、角質がより硬くなってしまったり、
それだけでなく更にささくれを作ってしまったりするからです。
そこで、このニッパーを使うと便利なのです。
価格は5,000円前後します。

最後にバッファーですが、これは爪の表面を磨く為のものです。
目の粗いものから使って行きます。
使い過ぎると、爪を薄くしてしまいますから注意が必要です。


posted by エステマニア at 05:00| ネイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。