2010年08月21日

マニキュアの塗り方

マニキュアを美しいネイルに仕上げる為には、
やっておいた方が良い事が幾つかあります。
まず、爪の甘皮処理と、表面を磨いておく事です。
甘皮処理がしてあれば、根元部分の余計な角質が整えられますから、
マニキュア(ポリッシュ)が剥げ難くなるからです。

そして、爪の表面があまりに凸凹しているとベースコートでも
補いきれませんから、バッファーを使う事をお勧めします。

手順は、まずベースコートを塗ります。爪先端のエッジ部分に塗ってから、
表面を塗ります。
次に、ポリッシュです。同じように2度塗ります。
これは一度で塗ろうとすると厚ぼったいネイルになってしまうからで、
1回塗って、それが乾く前に、更にもう一度塗るようにしましょう。
キューティクルラインの少し手前から、爪先に向かって塗ります。
力を入れず刷毛を滑らせるようにして下さい。
サイドは最後に塗るようにしましょう。
1回目は、刷毛先の角をラインに沿って塗り残しの無いように
塗って終わりです。
2回目は、1回目よりボリッシュを多目にします。
1回目の塗り目が乾く前に塗るとポリッシュが馴染みますから、
筋がつきにくくなります。
また、ポリッシュを塗るときの注意としては、
刷毛は片方をしっかりしごいておく事です。
それにより、厚ぼったい印象を避けられますから、
片側だけにして爪に塗るのです。
量は、爪の大きさによって変わりますから、合うようにしごいて下さい。

そして、はみ出してしまったものは、リムーバで取り除きます。
ウッドスティックにつければ、細かい部分にも行き届きます。

最後に、トップコートを塗って完全に乾けば、仕上がりです。


ラベル:マニキュア
posted by エステマニア at 05:00| ネイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。