2010年09月14日

豊胸につながるツボ(屋翳・膺窓)

胸が小さかったり、またたるんでいたりしていて、
お風呂に入る度に、胸を見つめていては、
ただため息をついてしまうあなたに。

それならば、ため息をつくのであるならば、
ツボ押しをされて、豊胸を目指してみませんでしょうか?

いくら胸を大きくしようと思っていても、
また張りのあるような胸にしようと思っていても
豊胸手術を行なうのはかなり抵抗がありますし、
豊胸サプリメントを飲んでいるけれど
効果があまりわからないと悩まれているあなたに。

豊胸になるようなツボを押してみて、
バストアップを目指しましょう。

豊胸になるツボでよくご存知のツボにだん中と、
天渓(てんけい)があって、
それ以外においても豊胸になるツボがあることを
知っていますでしょうか?

ここでは、屋翳(おくえい)と、
膺窓(ようそう)の2つのツボをご紹介しましょう。


<屋翳(おくえい)について>

屋翳は、血行を促進して、また代謝を促進させて、
女性ホルモンの分泌を促進させるツボです。

屋翳は、乳房のトップ部分の縦ラインに存在しています。
(乳首よりやや少し上周辺)

屋翳を押す際は、
指でゆっくり軽く3秒ほど押し、パッと放します。


<膺窓(ようそう)ついて>
膺窓は、直接乳房に刺激を与えて、
乳房の血行促進と、新陳代謝と、
乳腺の働きを促進させて、
またホルモンの分泌促進をしていくツボなのです。

また、膺窓は、母乳の出る効果がありますので
覚えておけば便利です。

膺窓は、鎖骨と、
乳首の間(第3肋骨と、第4肋骨の間)にあって、
乳頭線上にあります。

膺窓を押す際は、人差し指と、中指を揃えて、
ゆっくりと軽く押しましょう。


posted by エステマニア at 05:00| 豊胸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。