2010年09月15日

豊胸につながるツボ(中府・渕腋・乳根)

自分の小さい胸にコンプレックスを抱いて、
豊胸に憧れる女性というのは多くおられます。

豊胸を目指して、いろいろな豊胸器具を買ってみたり、
豊胸サプリを飲んでみたりされたことがある方も
たくさんおられます。

それらの豊胸グッズのほかに、
毎日簡単にできる豊胸ツボ押しを加えて、
よりバストアップを目指してみませんでしょうか?

ここではバストアップになるツボをご紹介しましょう。


<中府(ちゅうふ)について>

中府は、リンパの流れを促進させることで、
バストアップになるツボなのです。

中府は、鎖骨から腕の付け根の間(鎖骨外端下の窪みから、
大体親指1本分下周辺)にあって、

そこを押せば少し痛みを感じてしまいます。

中府の周辺を8の字を描いてマッサージを行ないます。


<渕腋(えんえき)について>

渕腋は、乳房の張りを与えて、また血行を促進させて、
バストへの栄養補給を促していくツボなのです。

渕腋は、乳頭から10センチくらい外側に存在します。

腋の下にあって、そこを押せば少し痛みを感じてしまいます。

渕腋を押す際は、親指でゆっくりと押してください。


<乳根(にゅうこん)について>

乳根は、リンパの流れと、
女性ホルモン分泌のよくするツボなのです。

乳根は、乳頭から大体指2本分真下の周辺にあります。

乳頭を押す際は、
ゆっくりと指で3秒ほど押し続けてから離してください。


posted by エステマニア at 05:00| 豊胸 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。