2010年10月28日

成長ホルモンの効果

皮下組織に含まれている水分含有量の低下は、
成長ホルモンの血中濃度の分泌量の低下と連動していますから、
成長ホルモンは、皮下組織の水分保持に重要な役割を果たしています。

ですから、成長ホルモンを使いながら、
バストやヒップの筋肉を鍛えるトレーニングをすると、
皮下組織の弾力を回復させる能力との相乗効果で、
下がっていたバストやヒップが上がるのです。

また、成長ホルモンは様々な効能を持っており、
筋肉の発達を促したり、強化したりする効果や、
成人の女性のバストを豊にする効果もあります。

例えば、一般的に元々バストの小さい人がダイエットをすると、
何故かバストから肉が落ちてしまうのですが、
成長ホルモンを使ってダイエットをすると、体重が減っていっても、
反対にバストのサイズは大きくなりますし、
更に、思春期に胸が発達しなかった人でも、成長ホルモンを使うと、
ムクムク胸が大きくなると言う嬉しい効果があるのです。

このように、成長ホルモンには、バストやヒップの下垂による
ラインの崩れを補正しつつ、女性は女性らしく、
男性は男性らしくそれぞれの体を作り上げていく作用があるのです。


posted by エステマニア at 05:00| 美肌ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。