2010年10月27日

バストが垂れている人のケア

バストは、いつまでも綺麗な状態でいる訳ではありません。

出産と授乳の時期が終わったら、
赤ちゃんがおっぱいから離れた時に、
バストが垂れて、小さくなる可能性が出てきます。

その現象は、乳腺の活動が主な原因となっています。

授乳中は。おっぱいを赤ちゃんにあげる為に、
乳腺の活動が活発になりますが、
授乳期間が、終わると乳腺が、
活動を休止されてしまいます。

これは、ある意味においては、仕方のないことなのですが、
ただ姿勢が悪いとか、猫背が原因で、バストが垂れる事があるのです。

これは、胸周りにある筋肉が衰えてしまう事が、
原因となって、どちらにしても、
バストが垂れてしまったものを持ち上げられる方法があります。

それは胸周りにある筋肉「大胸筋」を鍛えることです。

一度垂れてしまったバストの周りにある皮膚を、
一緒に弛んでいると思いますので、
バストアップと皮膚のケアを、
同時に二つとも行なうようにすると、より効果的となります。

ですから、まず常に姿勢を正しくする事を心掛けるようにしてください。

そして大胸筋が緊張状態になって、
知らず知らずの内に鍛えていく事で繋がります。

姿勢が悪いと筋肉が常に弛んで怠けている証拠ですから、
それを解消させるために、
まず姿勢を正していくという心掛けから行なう様にするだけでも変わってくると思いますよ。

それが身に付くことができたなら、
エクササイズを取り入れて、
負荷をかけて行く様にしてみましょう。

とりあえず、エクササイズを始める様になったら、
毎日続けて行えるようにするのが大切です。

それが綺麗なバストを保っていくための秘訣です。揺れるハート



posted by エステマニア at 05:00| バストケア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。