2010年09月06日

巻き爪の為の道具

ネイルを楽しむのは手だけではありません。
しかし、足の爪でネイルケアやネイルアートをする前に、
まず爪が健全である事が重要です。

巻き爪は、爪の異常の1つで、爪が横を向いた状態になったものを指し、
足の爪がなり易いです。
進行すれば手術が必要になるほどの状態になってしまいますが、
軽いうちなら個人で矯正する事が可能です。

そこで、その為の市販されている道具をご紹介します。

プロトクッションは柔らかいクッション糸で、これを巻き爪部分に挟みます。
そうする事で皮膚への食い込みを和らげるのです。
また、クッションテープは痛みの出る爪向きです。
テープをそういった爪の先端に貼り付けて使用します。
テープについたクッション素材が爪の食い込みを防ぎ、痛みを和らげてくれるのです。

また、痛みの為に、指を使わないで歩くようにもなります。
指への刺激を低下させル為に、浮き足の歩き方をして指を使わないで歩くようになるのです。
その結果、足の指を弱らせてしまいます。
そして、指だけでなく他の爪にも影響が出ます。
力が掛かる事が前提なので、それが無い分形状の維持が難しくなるのです。
その結果、他の爪まで巻き爪になり易くなってしまうのです。

そうした事を防ぐ為に、リセットテープがあります。
これは、親指の裏に貼って使用するもので、浮き足を補正し、
足指に力が入るバランスの良い歩き方になるようにしてくれます。

また、巻き爪用のやすりもあります。爪切りは、ネイルケアの観点からは使用しない方が無難です。
巻き爪はただでさえ、爪が指に食い込んでいる状態ですから、巻き爪用の爪切りもありますが、
それよりもこちらを使う事をお勧めします。


posted by エステマニア at 05:00| ネイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月05日

巻き爪の矯正治療法

ネイルは、手だけでなく足も楽しめます。
足の爪や足そのものに対する手入れの事を、マニキュアとは区別してペディキュアと言います。
しかし、ネイルに関してはそれ程手と変わりはありません。
ですが、やはり、全く同じ物でもなく、足の爪に起こり易いものがあります。
それが巻き爪です。

巻き爪とは、爪が横方向を向いた状態になったものを言います。
日本人の10人に1人はなっています。痛みを伴いますから、
進行すれば医師に診て貰う必要もでてきますが、
その際の診療は皮膚科が担当になります。

治療方法は、矯正か手術です。
この治療法には様々なものがありますが、代表的なものをご紹介します。
矯正治療法で、マチワイヤと言う、超弾力性ワイヤーを使ったものと、
B/Sスパンゲと言う特殊プラスティックを使うものがあり、
どちらもドイツの矯正方法です。

マチワイヤを行っている医療機関は、まだ少ないのですが、
いずれ広まるであろうと予想されていています。
伸びた爪の両端に穴を開け、マチワイヤを通します。
そして、余分な部分を切り取り、接着剤(医療用)で固定すると言うものです。
この方法は重度のものも治療出来て、施術時間も掛からず、痛みもありません。
しかも、巻き爪の痛みからも早く解放されます。

また、B/Sスパンゲは、平らなスプリング状の特殊プラスティックを爪の表面に
装着するもので、これにより、巻き爪と痛みを改善していくものです。

しかし、強制治療の場合、時間が掛かる事と再発の可能性があると言う問題があります。
posted by エステマニア at 05:00| ネイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月04日

巻き爪の予防法

ネイルは手だけでなく足も楽しめるものです。爪だけでなく、
足そのものに対する手入れを手とは区別してペディキュァと言います。
そうは言っても爪に関してのネイルケアやネイルアートそのものは手と殆ど変
わりありません。
しかし、勿論違いもあります。
足の特に親指の爪は巻き爪になり易いというのがその理由の1つでもあります。

巻き爪とは、指が横に曲がった状態の爪を言います。
進行すれば、「の」の字状の爪になってしまうこともあるのです。
そこで、この巻き爪を予防する方法をご紹介します。

まず、爪の手入れです。深爪をしない事が大切です。
巻き爪になった時、肉が食い込むのを防ごうと、
切ってしまう事が逆効果になってしまうのです。
何故なら、指の上で左右に支える箇所を失っているからです。
また、その部分の指の肉が爪の邪魔になってしまうのです。
ですから、やすりで削っておきましょう。
爪の長さも1ミリはあった方が良いでしょう。
又、爪切りを使用しない方がネイルケアとしても良いでしょう。

次に、大切なのが靴です。合わない靴が巻き爪の原因にもなっているからです。
自分に合ったものを選ぶ事が大切です。
その際のポイントは4つあります。
1つ目がサイズです。特に横幅が重要です。
2つ目は踵です。大き過ぎると、歩く時に負担になるからです。
3つ目は、土踏まずで、歩く時の圧迫感はここで大きく左右されます。
最後に、4つ目は指です。指が動くかどうかが普段の圧迫感に繋がるのです。
posted by エステマニア at 05:00| ネイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。